あん餅雑煮とは?

『讃岐あん餅雑煮の由来』

讃岐あん餅雑煮 甘味の少ない時代、贅沢品であった讃岐特産「和三盆」を正月くらいは町の人たちも食べたいと思い、雑煮の中に入れて食べたのが始まりとも言われています。

具は讃岐の中でも地域によって色々で、かつおぶし、とうふ、里芋、ごぼう、油あげを取り合わせたり、椀に盛った際、青ねぎを散らす地域もあります。

おめでたい正月にはぴったりの赤色金時にんじんと白大根がお椀の中で紅白になっており、また家族仲良く円満でありますようにとの願いを込めて、それぞれ輪切りにすると言われています。正月のお雑煮にあん餅を使うのは全国的にも珍しく、讃岐ならではの味でございます。

『あん餅・丸餅』

讃岐の杵つき餅は「黄金餅(こがね)米」を使用した最高級の杵つき餅です。
焼いてもよし、煮てもよしのきめ細やかな白餅に、讃岐ならではのあん餅。
そして香ばしく焼いていただく黒豆餅、えび餅、玉子餅など懐かしい味わいを7種類ご用意しました。

あん餅 白餅 えび餅 のり餅 黒豆餅 あわ餅 玉子餅

『ぐるめ白みそ』

ぐるめ白みそ 雑煮に使用している「ぐるめ白みそ」は『もっとおいしい白みそを』というお客様の声にお応えして造った最高級の白みそです。
米は新米の香川県産コシヒカリ、大豆は香川県産フクユタカ、食塩は瀬戸内海の海水を平釜でじっくりと煮詰めたミネラルをたっぷり含んだ瀬戸のあらじおを使いました。もちろん、漂白剤や保存料は一切使用しておりません。

『冷凍あん餅雑煮のお召上がり方』

冷凍あん餅雑煮 必要な数だけ簡単にレンジ加熱でお召し上がり下さい。

一、あん餅とみそ汁を自然解凍させます。
※あん餅は半日も経つと次第に固くなりますので解凍後お早めにお召上がり下さい。

二、解凍したみそ汁を陶器または耐熱容器に移し、その中にあん餅を入れて下さい。(なるべくみそ汁の中に沈めて下さい。)

三、電子レンジ500wで約1分間加熱し、あん餅をひっくり返してよく混ぜてからさらに約1分間加熱します。
(目安の時間ですのでお好みの温度に調節して下さい。)

四、お好みで青のりを振り掛けてお召し上がりください。


『ご予約はこちらから』

セット名 味噌汁 価格
あん餅×4個、
(白餅、えび餅、のり餅、
黒豆餅、あわ餅、玉子餅)×各2個
2人前 2880円
通販ページへ
(あん餅、白餅、えび餅、のり餅、
黒豆餅、あわ餅、玉子餅)×各4個
なし 3520円
通販ページへ
4人前 4780円
通販ページへ
(あん餅、白餅、えび餅、のり餅、
黒豆餅、あわ餅、玉子餅)×各6個
なし 5130円
通販ページへ
6人前 6990円
通販ページへ


◎【FAX予約】
FAXでのご予約はこちらのFAX用紙でお願いします。→『餅セットFAX注文用紙

◎【電話予約】
電話でのご予約はこちらの電話番号にお願いします。→087-844-8801(8時半~18時半。定休日=水曜日)

※発売は12月1日から。発送も12月1日発送開始となります。
※消費税込み、送料別料金です。
※送料は次の通りです。[北海道:2560円][東北:1390円][関東・甲信越:1170円][北陸・東海・関西・中国:950円][四国:890円][九州:980円][沖縄:2800円]


株式会社夢菓房たから
〒761-0101 香川県高松市春日町214
TEL:087(844)8801
営業時間:8時半~18時半 定休日:水曜日