お月見だんご

古来より秋は月の美しい季節とされ、お月見団子を供えて名月を愛でる風習があります。

2021年の十五夜は9月21日(火)、十三夜は10月18日(火)です。

 

《中秋の名月(十五夜)》

古来より月の最も美しい日とされ、ススキや収穫物とともに月見団子を供え、月を愛でる宴を催しました。

里芋を供える風習があることから「芋名月(いもめいげつ)」とも呼ばれます。

《十三夜》

十三夜は日本独特の風習で、十五夜に次いで美しい月とされています。

栗を供える風習があることから「栗名月(くりめいげつ)」とも呼ばれます。

《片見月・片月見》

十五夜、十三夜のどちらか一方しか観ないことを「片見月」「片月見」と呼び、縁起が悪いこととされています。

 

■保存方法:常温保存
■消費期限:2日間
■原材料:「あん」うるち米(国産)、小豆、砂糖、もち米、食塩/トレハロース、酵素、(一部に大豆を含む)「きなこ」うるち米(国産)、砂糖、もち米、きなこ、食塩/トレハロース、酵素、(一部に大豆を含む)


あん 5個入290円 14個入650円、きなこ 5個入260円 14個入610円(すべて内税)